いまでも化粧水は保湿と思っていませんかっ!?

前回までは、

角質と汚れを落とすことについて書いてきました。

要はクレンジングと洗顔の必要性です。


そして、市販のもので、それらに適した材料は、

ポンズのふきとりタイプコールドクリーム




キューピー ベビーせっけん



理由は、

前回までの記事を読んでみてください。


今回は、

洗顔を終えた後のお話しです。


まずは、石けんの残りがないように、

しっかりとぬるま湯ですすぎます。


すすいだら、

優しく押さえるようにタオルで水分を

拭き取ります。


この後は皆さんも大事だと思っている
化粧水の塗布です。

はい、そうです。
洗顔後は化粧水を塗布します。
では、なぜ、
洗顔後に化粧水を塗布しなくてはならないのでしょうか?

水分が不足しているから?


いいえ違います。


肌が突っ張るから?

少し近いです。


正解は、
肌を引き締めるためです。

どういうことかは、
まず、クレンジングと洗顔のメカニズムについて
お話しをしなくてはいけません。

皆さんご存知の通り
多くのクレンジング料や洗顔料は弱アルカリ性です。

これによって、角質層の結びつきをゆるめて、
表面の不要なものを浮かせて、取りやすくします。

肌の表面がヌルヌルと感じられるのは、
アルカリが肌表面をゆるめている証拠です。

さて、
では化粧水は何の関係があるのでしょうか?

まず、
不要な角質の残った肌に化粧水を塗布するとどうなるでしょうか?
肌表面の角質が吸収し、ふやけて膨らみ潤ったように感じますが、
深部までは浸透せずにすぐに蒸発してしまいます。
その蒸発を防ぐために乳液などの油分でフタをしなくてはなりません。

これでは、結局のところ保湿というには不十分ですし、
ただの水でも代わりになり
ます。

そこで、
先ほどのアルカリでゆるめられた肌が関係してきます。

洗顔後、ゆるめられた肌を毛穴がひらき
フェイスラインがぼんやりとしてしまっています。

それを引き締めるキュッとさせることが化粧水の役割なのです。
化粧水の役割とは
「保湿」ではなく「整肌」なのです。



特に弱酸性(アストリンゼント系)の化粧水を使うことで
引き締め効果を高めることが出来ます。
この化粧水は「収れん化粧水」とも呼ばれます。

ゆるんだ毛穴がしまることで本来の皮脂成分を
きちんと分泌させる効果も出てきます。

「洗顔でゆるめ、化粧水でしめる」ということを繰り返すと
肌の弾性も増し、たるみなどを改善する効果も期待できます。

大切なの事は、
不要なものをしっかりと取り除き、
しっかりと肌を引き締めることなのです。

市販のものでおすすめはこちら



資生堂のロングセラー商品のドルックスオーデュベールNです。
長い間、使われ続けている実績と成分もシンプルで安全性が高いと思われます。

#美続力 #美容 #きれいになろう

みやちひろし宮地浩志
オフィシャルサイト
https://www.miyachihiroshi.com/

Twitter
https://twitter.com/hirohiron0211

posted by みやちひろし at 00:20 | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。