唇を綺麗に見せたいのに今のケア方法でよいのですか!?

前回は、
最近、ふと思ったこととして、

肌には気を使っているのに、

唇の皮膚が剥けてしまっている人が多い。

という人が男女問わず、20代、30代の人に多い気がしたことについて検証しました。

そして、その解消法について、
この商品が良いのではないかと提案しました。

私は、本来は手作りが良いかと思うのですが、
その時間を作るならば、他のことに使いたいという人は
多数いることでしょう。

そこで、市販している中でも、
私が使用した中でも良いと思われるこちらをお勧め致します。





ポンズの「ふきとりタイプ」コールドクリームです。

理由は、前回の記事をご覧ください。


では、実践編へと行きたいと思います。

今回は、唇についてのみ書いていきたいと思いますので、
私が実践している顔全体の方法とは少し違うやり方になります。

まずは、事前に蒸しタオルなどで唇を温めて皮膚をふやかしておきます。

そして、コールドクリームを大豆二個分くらいの量を取ります。
右手でも、左手でも良いですよ。
どちらでもやりやすい方の手でかまいません。

コールドクリームを取る指は人差し指と中指の二本を使いましょう。
のちのち、マッサージに使う指です。
他の指を汚す必要はないですよね。

コールドクリームを取ったら、
コールドクリームを取った手の反対側の唇の端につけて、
その場で、
時計回りにクルクルとゆっくりと肌の上に円を描くように
少しコールドクリームを伸ばします。

そして、そのままクルクルとしながら、
上唇の方へ移動させながら反対側の唇の端へ移動していきます。
端まで行ったら、そのままクルクルさせながら、
下唇の方へ移動させながら元の唇の端へ移動していきます。

これで、一連の動作は終了です。
この動作を、10回繰り返します。
ゆっくりと時間をかけて、
しっかりと角質を取り除くイメージをしながら行います。

また唇に触れる際は力を入れず、少し触れる程度で大丈夫です。
力を入れ過ぎると、肌を傷めたりする可能性があります。

グイグイと押し付けずに本当に優しく触れて、
1回の動作を40〜60秒くらいかけるくらいゆっくりと行いましょう。

そうすると、
クリーム状だったコールドクリームが、
油分などを含んで、オイル状に変化していきます。

その状態のコールドクリームを
ティッシュなどで拭き取ります。

その際に、唇から剥がれずに残ってしまった皮膚は、
無理矢理に取ろうとしないで、自然に剥がれるまで待ちましょう。

ティッシュなどでコールドクリームを拭き取る際も
力を入れずに優しく拭き取りましょう。
ただし、拭き残しがないように丁寧に拭き取りましょう。

コールドクリームを拭き取り終えたら、
肌表面に残った余分な油分を洗顔します。

次回は、
洗顔について書いていきます。


#美続力 #美容 #きれいになろう

みやちひろし宮地浩志
オフィシャルサイト
https://www.miyachihiroshi.com/

Twitter
https://twitter.com/hirohiron0211
続きを読む
posted by みやちひろし at 18:19 | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつまでも、その唇の状態でよいのですか!?

最近、ふと思ったこと。

肌には気を使っているのに、

唇の皮膚が剥けてしまっている人が多い。

男女問わず、20代、30代の人に多い気がします。


それは何故なのだろうと、
個人的に分析してみました。


10代は、
新陳代謝が良く、水分も多く含んでいるうちに
皮膚表面に角質として排出されるために、
なにもしなくても目立たないと思われます。

しかし、
20代、30代になると代謝速度が落ちてきて、
表面には水分が少なくなった状態の角質が多くなり、
さらに肌表面の角質の残留量も多くなると思われます。
ただし、少なくても水分の残留があるので、
生皮の状態で残留していると思われます。

それが、表面化、顕在化してきていて、
なにもしないから唇の皮膚が剥けた状態になっていると思われます。

逆に40代になってくると、
さらに水分の残留量は少なくなり
角質が取れやすくなっているのではないかと思われます。

あくまでも、
個人的な見解でして、
忠実な検証結果に基づくものではないことを
ご了承下さい。


さて、
では、どのようにしたら良いのかを
私が普段おこなっている方法をご紹介してみます。

それは、これを使います。







ポンズの「ふきとりタイプ」コールドクリームです。

クリームクレンジングとも言われたりしますね。

これを選ぶ理由は、
・クリームタイプだと肌への油分と軟度で摩擦も少なく肌に優しい。
・オイルタイプに比べると肌表面の油分を除去し過ぎない。
・このコールドクリームは肌への吸収も少なく肌表面に残りやすい。
・ふきとりタイプが一番過剰な「合成界面活性剤」を使用していないので肌の安全も守られる。

このような理由が挙げられます。


さて、
本日は、ここまで
次回は実践編に行ってみたいと思います。

#美続力 #美容 #きれいになろう

みやちひろし宮地浩志
オフィシャルサイト
https://www.miyachihiroshi.com/

Twitter
https://twitter.com/hirohiron0211
posted by みやちひろし at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「美続力」という言葉を発案してみました。

おはようございます。

かなり久しぶりのブログ更新です。

最近というか、かなり前より気になっていることがありまして、
どうしたらよいのかなと、ずっと考えていたことがありました。

それは、

「女子力」

という言葉。。。

なんでかというと、
自分自身

「女子」

になりたいわけではないです。

ただ

「美しく」

居たいだけなのです。


なので、その一環で行っていることを

「女子力高いですね」

と言われると違和感を感じていたのです。


このことは、
最近、表沙汰にもなってきている男性諸氏も感じていることではないでしょうか?
またいつまでも「女子」と言われることに違和感を感じる方もいるのではないでしょうか?

そこで、
考えたのです。

「女子力」では、
女性に限定されてしまうような限定性が出てきてしまっている。
特に10代から20代あたりをターゲットにしているような気もします。
(私の個人的な見解です)

「美肌力」では、
肌に特化し過ぎていて、その他の美を高めようとする力には言及できない。


では、なにがよいのか???


「美続力(びぞくりょく)」

というのはどうであろうかとっ!!

「美しくなろうとする力」
「美しくいようとする力」

これらをまとめて

「美続力」

と名付けてみました。

これならば、
女性にはもちろん、美意識の高い男性に対しても使いやすく、使われやすいのではないでしょうか?

美しくなろうとすることは「女子」だけの特権ではありません。

「女子力」という特権階級的言葉ではなく、

「美続力」

という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

そして、この言葉が広がってくれることを祈ります。

宮地浩志
posted by みやちひろし at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。