日焼け止め商品のお話し

今回は、日焼けに関してのお話しです。

最近、だいぶ日差しも強く暑くなってきましたね。
そうなってくると気になるのが日焼けですね。

引き続いている美白ブームで肌が黒くなることを拒絶する人は多いかと思います。

たいていの人は、UV対策として日焼け止め商品に手が伸びるかと思います。

しかしながら、気をつけなくてはならないのが日焼け止め商品の成分による肌のトラブルです。

紫外線吸収剤を肌表面にとどまらせるために、合成ポリマーの水溶液にまぜあわせたものがあります。
合成ポリマーとは簡単に言うと「ビニール」や「シリコン」の樹脂のことです。

合成ポリマーが肌の表面に広がると薄い皮膜になります。
その皮膜が肌全体を包み込み、フタをしてしまいます。
一見、肌を守ってくれているように思われますが、皮膜で覆われた肌は正常に皮脂を分泌できなくなり、そのうち皮脂を分泌しなくなります。
そうなるとその皮脂を餌としている常在菌も生息できなくなり肌のバリア機能が低下していくのです。

またシリコン系ポリマーはケイ素といって、自然界の有機物の基本である炭素と似た構造をしています。
このケイ素は、肌内部に入り込んだ場合、肌にとって異物でありながら、かぶれ等の症状が出にくいことから侵入していることに気が付きにくいのです。
しかし、バリア機能の壊れたところから水分を浸透させて皮膚を膨張させているので皮脂の油も角質層の油や水も流出しやすくなっていますが、合成ポリマーのせいで乾燥したりかぶれを起こしたりしないので、本当はバリア機能が壊されて乾燥肌になっている状況に気が付かないのです。

外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能がなくなると、良いものも悪いものも様々なものが肌に入りやすくなります。
このような状況になると肌をだませるシリコン系の原料しか使えなくなっていきます。

また常在菌がいない環境に肌が慣れてしまうため、皮脂をためて常在菌をつけようとすると、かぶれてしまうことになります。

これが、皮膚が成長中の子供に使うと敏感肌と呼ばれる状況や継続的なアトピー性皮膚炎にも繋がる可能性があります。

まずは、日焼け止め商品を使用しなくてもよい方法を考えて頂けたらよいかと思います。
次回は、その辺りについてお話しが出来ればと思います。




続きを読む
posted by みやちひろし at 16:57 | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足裏角質ケアその後(微グロ)

夏に向けてのケアを今からしていこうということで、
前回、足の裏の角質除去を試してみましたが、
今回は、その後の動画です。

こちらがその動画です。
36歳男が自分の足で試してみた!!(微グロ)フットケア用品着用の結果





posted by みやちひろし at 12:56 | Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

足裏角質除去

夏に向けてのケアを今からしていこうということで、
今回は、足の裏の角質除去を試してみました。

こちらがその動画です。





posted by みやちひろし at 02:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。